【青の祓魔師】あらすじとキャラクター総まとめ!【保存版】

©加藤和恵(出典:www.amazon.co.jp)

【青の祓魔師】あらすじとキャラクター総まとめ。

【青の祓魔師】は、悪魔と人間のハーフである主人公と、双子の弟が”祓魔師”(エクソシスト)を目指すダークファンタジー。

アニメ放送に伴い、原作漫画の初版発行部数が1年足らずで7倍以上を記録。

物語の舞台は、悪魔がいる世界で”祓魔師”(エクソシスト)という悪魔を祓う仕事が存在する日本。

エクソシストという洋風なキリシタンのイメージと、”和のエッセンス”が上手く融合した斬新な世界観が繰り広げられていきます。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】作品情報

▽作品名

【青の祓魔師】

▽原作者

加藤和恵

▽出版社

集英社

▽掲載誌

ジャンプスクエア

▽アニメ放送

2011年4月17日~10月2日:1期(TBS系列)

2017年1月7日~3月25日:2期

▽声優(アニメ)

岡本信彦:奥村燐役

福山潤:奥村雪男役

花澤香菜:杜山しえみ役

中井和哉:勝呂竜士役

遊佐浩二:志摩廉造役

梶裕貴:三輪子猫丸役

喜多村英梨:神木出雲役

高垣彩陽:クロ役

神谷浩史:メフィスト・フェレス役

藤原啓治、平田広明(第2期):藤本獅郎役

佐藤利奈:霧隠シュラ役

小野大輔:アーサー・オーギュスト・エンジェル役

置鮎龍太郎:イゴール・ネイガウス役

柿原徹也:アマイモン役

記事内画像

公式サイト

 アニメ公式サイト

スポンサーリンク

【青の祓魔師】とは?

原作は深山鶯邸事件

【深山鶯邸事件(みやまうぐいすていじけん)】は、ジャンプスクエアにて2008年9月号に掲載された読み切り作品で【青の祓魔師】の原点となりました。

後に、加藤和恵の短編集【TIME KILLERS】(2011)に収録されています。

【深山鶯邸事件】では悪魔祓い・祓魔師がおり、主人公の夜が【青の祓魔師】の主人公である奥村燐(おくむらりん)のモデルとなっています。

さらに、深山鶯最中(みやまうぐいす もなか)という少女が杜山しえみのモデルとなっています。

あらすじ

深山鶯邸に住む少女・深山鶯最中は、外にも出ずに人の言われるがままに花を生けて生活をしていました。

そしてある雪の降る夜、一人の祓魔師が深山鶯邸を訪れます。

その祓魔師は最中に会うなり、悪魔に狙われていると告げたのでした。

主人公の悪魔が悪魔と戦う⁉

主人公の奥村燐は双子の兄として生まれ、弟の雪男と共に修道院で育てられました。

雪男は文武両道で少し気弱な少年ですが、燐は”自身の持つ力(怪力)”をコントロールできず、周りにも馴染めずに少し荒れていました。

そのせいで親切にしようとしても上手くいかず、ケンカをすれば相手に大けがを負わせてしまっていたのです。

その理由は、燐は悪魔の中でも最上位に位置するサタンの息子だからでした。

燐は人間と悪魔のハーフのため、人より特別な力を持っているのです。

アニメは全2期で劇場版も存在する

【青の祓魔師】はアニメ全2期と劇場版の3つがあり、時系列は制作順のままアニメ1期→劇場版→アニメ2期。

アニメ1期は全25話、原作漫画4巻までのストーリーとオリジナルストーリーで構成され、劇場版はアニメ1期の後日談にあたるオリジナルストーリーです。

アニメ2期は全14話、1期の続き(原作漫画の続き)からとなり、原作漫画の5巻までのストーリーで構成されています。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】正十字学園入学編(1巻~3巻)あらすじと見どころ

正十字学園へ入学

ある日、悪魔の落胤である少年・燐の元へ、突然父親である魔神(サタン)が現れました。

魔神は自身の力を継ぐ燐を、悪魔の棲む虚無界(ゲヘナ)へと連れ去ろうとします。

この世界には、二つの次元が合わせ鏡のように存在している。

人間のすむ物質界(アッシャー)、悪魔のすむ虚無界(ゲヘナ)。

そんな時、燐は養父から預かった降魔剣を抜いて悪魔に覚醒し、危うく難を逃れましたが、名高き祓魔師である養父の獅郎(しろう)は、燐を守り死んでしまいました。

自身の無力さを悔やんだ燐は、獅郎の仇である魔神・サタンを倒すべく、祓魔師になることを決意したのです。

燐は雪男と同じ名門私立・正十字学園に入学して、祓魔師のための祓魔塾で訓練生(エクスワイア)として学ぶことに。

雪男はすでに経験を積んで祓魔師となっており、祓魔塾の講師となっていました。

燐は、杜山しえみ、勝呂竜士(すぐろ りゅうじ)、志摩廉造、三輪子猫丸、神木出雲(かみき いずも)ら祓魔塾生と共に様々な困難を乗り越え、祓魔師を目指し奮闘していくのです。

”聖騎士(パラディン)”になる!

燐は任務中、強大な悪魔であるアマイモンに襲撃を受けて、力を暴走させてしまいます。

そのため、正十字騎士團ヴァチカン本部の監察官・霧隠シュラに連行されてしまいました。

シュラは燐の調査をしており、彼を”サタンに纏わる”と断定したため排除すると言います。

加えて獅郎の弟子でもあったシュラは、燐を育てるのは武器を作りたいからと聞かされていたこともあって、なぜこんな燐のために獅郎が自らの命まで賭けたのか理解できないでいたのです。

そのため、獅郎がもうろくした歴史上最低の聖騎士(パラディン)だったと燐を殺しにかかります。

しかし燐は、自分を育てた獅郎の正しさを証明するため、最強の祓魔師・”聖騎士”になると宣言したのです。

そんな燐の固い決意を受けたシュラは、燐に修行をつけることを決めました。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】正十字学園入学編(1巻~3巻)の登場人物

主要人物

奥村燐

サタンと人間のハーフとして生まれた双子の兄。

悪魔特有の黒いしっぽが生えていますが、弱点でもあるため普段は隠しています。

猪突猛進で短気な面もあるものの、明るく温かい性格。

学力は壊滅的ですが手先が器用で料理が得意であり、その腕前はプロ並み。

普段は、炎は降魔剣”倶利伽羅”により封じられていますが、鞘から抜くことで封印を解き全身から炎を発します。

また、覚醒後は黒く長い悪魔の尻尾と尖った耳や牙などの悪魔の特徴が表れ、自然治癒能力も高まり、致命傷になりかねない傷でも短時間で再生できるのです。

奥村雪男

サタンと人間のハーフとして生まれた双子の弟。

出生時に燐から魔障を受けたために、幼少期から悪魔が見えていました。

普段は真面目で物腰が柔らかな冷静沈着であり燐とは正反対の性格ですが、激昂すると冷静な態度が崩れて素の粗い口調になることも。

成績優秀な文武両道の優等生で、正十字学園特進科に首席で入学しており、女生徒からの人気も高いです。

7歳から祓魔を学び、13歳にして史上最年少で祓魔師の称号を獲得しています。

身体が弱く未熟児として生まれたためサタンの力を受け継いでいないとされていましたが、藤堂との戦闘以来は目に異変が起き始めています。

藤本師郎

正十字騎士團日本支部所属の上一級祓魔師であり、最強の称号”聖騎士”を持っています。

5つの称号全てを取得しており、医師免許も所持しています

口よりも先に手が出る性格。

世界中で唯一サタンの憑依に耐えうる可能性を持っていたため、常にサタンに身体を狙われていましたが、それを強靭な精神で15年間防いできました。

ある日、覚醒してしまった燐を守ろうとしましたが彼との言い争いで心を乱し、サタンに体を乗っ取られてしまうのでした。

正十字騎士団

メフィスト・フェレス

正十字学園理事長、祓魔塾塾長、正十字騎士團名誉騎士、時の王サマエルと様々な肩書を持っています。

ピエロを思わせる奇妙な白いスーツやマントを纏っており、小型犬などの多種多様な動物に変身できます。

お茶目で遊び好きな性格であり、サブカルチャー全般が趣味のオタクという一面も。

その正体は虚無界を捨てた悪魔で、”八候王(バール)”のひとり”時の王”サマエル(砂漏天)

虚無界の第二権力者で、時間と空間を司っています。

悪魔としての力は非常に強大であり、瞬間移動や時間停止といった魔法のような能力を複数使うことができます。

霧隠シュラ

上一級祓魔師の女性で、正十字騎士團ヴァチカン本部の上級監察官にして聖天使團(エンジェリックレギオン)の一員でもあります。

取得称号は騎士、手騎士、医工騎士、詠唱騎士。

与えられた任務はそつなくこなしますが、非常にマイペースな性格で堅苦しいことが苦手な一面があります。

霧隠流忍術の伝承者である忍者で、代々龍神”八郎太郎大神”と契約している家系の末裔にあたります。

18年ほど前、人里に下りて悪さをしていた時に獅郎に捕まり、彼が八郎を一蹴したのを見て惚れ込み着いていくことを決めたのでした。

祓魔塾生

杜山しえみ

祓魔用品店の娘で、燐たちの同級生。

人見知りが激しく天然で世間知らずにおっとりとした性格ですが、芯が強いところもあります。

家が用品店ということもあり植物や薬草の知識が豊富で、食べると強力な魔除け効果の発揮する料理などを作れます。

大好きな祖母から聞いていた”天空の庭(アマハラのにわ)”に行くことが夢。

医工騎士と手騎士の素質を持っており、緑男(グリーンマン)の幼生が使い魔です。

勝呂竜士

京都の由緒ある寺の息子で京都弁を話す、燐たちの同級生。

志摩廉造と三輪子猫丸とは幼なじみで、”坊”と呼ばれています。

志望称号は竜騎士、詠唱騎士。

金髪にピアスと派手な見た目をしているものの、成績優秀で真面目な努力家でもあります。

記憶力がとても高く、様々な詠唱を暗記しています。

志摩廉造

明陀宗僧正血統である志摩家の五男坊で、燐たちの同級生。

勝呂竜士と三輪子猫丸とは幼なじみ。

髪をピンク寄りの茶髪に染めており、淡々とした性格で面倒なことが嫌いなところもあります。

志望称号は詠唱騎士→騎士、手騎士。

詠唱騎士志望ですが記憶力は悪いため経典はあまり覚えておらず、戦闘時はキリク(錫杖)を使います。

普段はおちゃらけているようですが腕は本物で、卓越した祓魔師しか扱えない明王級の悪魔を使役するなど、潜在能力は計り知れません。

明陀宗の絶対的な上下関係に退屈を感じており、明陀に纏わる全てを忌み嫌っている一面も。

三輪子猫丸

明陀宗僧正血統である三輪家の現当主で、燐たちの同級生。

志望称号は詠唱騎士。

青い夜で身寄りを失って以来、自身を引き取ってくれた竜士の寺に対して恩義を感じています。

状況把握・指揮能力に長けており、まとめ役としての能力が高いです。

竜士からは参謀向きと評されたため、学園七不思議編以降は騎士團の祓魔記録を自分用にまとめた、悪魔ごとの戦闘データの分類をはじめ、出雲編以降、悪魔の画像情報から弱点や致死節を検索できるアプリを作るためにシステム開発の勉強を始めました。

神木出雲

悪魔との混血の血筋を持つ、稲生大社の祭祀を担う稲神家の分家である神木家の生まれで、燐たちの同級生。

自信家で気が強く他人を見下す言動をしますが、律儀でツンデレな性格。

母の玉雲と妹の月雲の3人家族(母子家庭)で暮らしていましたが、本家の庶子の立場から、父を含む本家筋の人々からは冷遇されていました。

また母が精神的に幼い女性だったことから、人一倍の独立心を持ち馬鹿にされまいと強気な振舞いをするようになりました。

宝ねむ

燐たちの同級生で、パペットを使い腹話術で話しますが、塾生の話には入らずほとんど話すことはありません。

志望称号は手騎士。

あらゆる人形を召喚し操ることができる”傀儡師”(パペットマスター)。

大手玩具会社”宝ホビー”の社長子息で、タカラグループはメフィストの持ち物のひとつでもあります。

祓魔塾講師

イゴール・ネイガウス

祓魔塾講師(魔法円、印章術担当)の上一級祓魔師で、左目に眼帯を着けた男性。

取得称号は手騎士、医工騎士、詠唱騎士。

屍系の悪魔を数多く従えており、両腕に魔法円の刺青があります。

屍や屍人の研究分野では第一人者とされており、得意な技は巨大なコンパス。

青い夜の生き残りのひとりで、その際サタンに取り憑かれ自身の左目と同時に家族をも失ったことから、サタンを含む悪魔を憎悪しているのでした。

悪魔

サタン(青焔魔・魔神)

虚無界に住む悪魔の創造主で、燐の実の父親。

強大な力そのものであり、階級問わず全ての悪魔はサタンから生じた個性に過ぎません。

”神の炎”と呼ばれる虚無界物質界共に干渉可能な青い炎を操ります。

物質界を手にすることを目的としているものの、物質界にはサタンの憑依に耐えられる物質が存在せず、憑依された人間はすぐさま崩壊してしまうのです。

時を経て燐の力が覚醒したことを知ると、悪魔でありながら物質界に存在できる”燐”を求めるように。

獅郎に憑依して息子を虚無界へと連れ去ろうとしますが、意識を取り戻した彼が自殺を図ったことで憑依を保てなくなりその場は撤退しました。

アマイモン(甘毳)

”八候王(バール)”のひとりで、”地の王”で、虚無界の第七権力者。

メフィストの弟で、彼と同じくサタンの息子のひとり。

大地にまつわる悪魔たちを統べる首領で、地震を発生させる能力を持ちます。

花のような形の”心臓”を顕すと角と尻尾が出現し、腕が肥大した恐竜のような姿となりパンチ一発で全力を出した燐を戦闘不能にするほどの力を発揮できるものの、憑依体が力に耐えきれないためめったに本気を出すことはありません。

真意の見えない言動と無表情が特徴的ですが、”狂犬”と称されるほどに気性が荒く好戦的な性格で、無視されることを嫌います。

勢力抗争には興味が無く虚無界では中立派に当たりますが、サマエルに借りがあるので現在は人類保護派に協力しています。

クロ

獅郎の使い魔だった猫又(ケット・シー)、正十字学園南裏門の元門番。

普段は普通の猫の大きさですが、巨大化して背中に人を乗せることができます。

”蚕神”と呼ばれていただけのことはあって、燐には劣るものの重機を破壊するほどの怪力を持っており、聖薬類は効きません。

燐とは主従というよりも、同居している仲のいい友達といった関係。

ニーちゃん(緑男)

しえみの使い魔で、緑男(グリーンマン)の幼生。

手に乗るほど小さく、頭に葉の帽子を被っています。

身体からあらゆる植物を出すことができ、それによって治療や支援行動を行います。

不浄王編で自分の体を巨大化させられるようになったことから、それまで以上に大量の植物を生産することができるようになりました。

御饌津(ミケツ)、保食(ウケモチ)

出雲の使い魔で、宇迦之御魂神に仕える神使にあたる二体の白狐。

愛称はミケとウケで、ミケはプラズマや電光を、ウケは大気や気象を操ります。

目がはっきり開いている方がミケで融通が利かず生真面目な性格。

編み笠を被っている方がウケで明るいのんびり屋。

両者とも各々の一族の八番位にある上級悪魔であり、手下もいます。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】林間合宿編(3巻~5巻)あらすじと見どころ

林間合宿編では、正十字騎士団の聖騎士(パラディン)のアーサー・オーギュスト・エンジェルと、三賢者(グリゴリ)が登場します。

1学期が終わり、候補生は林間合宿と称した実践訓練を行うことになりました。

燐は、仲間たちと協力して実践訓練の課題をクリアしますが、そこに再びアマイモンが現れたのです。

燐はアマイモンに対抗するべく青い炎を使ってしまい、仲間たちに正体がバレてしまいました。

駆けつけた聖騎士のアーサーに捕らえられた燐は、正十字騎士團のヴァチカン本部に連行されます。

メフィストは懲戒尋問で、獅郎が燐をサタンと戦う武器とするために育てていたことを明かしました。

燐はメフィストの仲裁によって、半年後の祓魔師認定試験に合格することを条件として処刑を免れます。

そして懲戒尋問を終えた燐は、シュラに剣の使い方と炎を制御する訓練をつけてくれるよう頼んだのです。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】林間合宿編(3巻~5巻)の登場人物

正十字騎士団

アーサー・オーギュスト・エンジェル

現・聖騎士(パラディン)で、ヴァチカン本部勤務の上一級祓魔師。

シュラの上司にあたり、メフィストを嫌悪しています。

魔剣”カリバーン”を操り、瞬間移動のような動きが特徴。

聖天使團(エンジェリックレギオン)という部隊を率いており、その部隊にはライトニングやシュラも所属しています。

聖人のように振舞いますが反悪魔主義者であるため、彼らに対しては全く容赦はありません。

実力は非常に高く、200人がかりでようやく祓魔出来た不浄王にも引けを取らない存在である不浄姫を、一太刀で切り伏せたこともありました。

三賢者(グリゴリ)

常にフードを目深にかぶり、顔を隠している3人の人物。

その正体は創造皇・シェミハザと、虚無皇・アルムマヘル八候王の氣の王・アザゼル

全員が最高位の悪魔であり、騎士團の創始者当人です。

現在では会話もままならないほどに結晶化が進んでおり、人前に出る際には自分たちの巨人の末裔を代理に立てています。
  • 創造皇・シェミハザ

双皇の1人で、”創造皇”

現在、その結晶体は天庭に安置されています。

  • 虚無皇・アルムマヘル

双皇の1人で、”虚無皇”

その力は虚無界の炎といわれる黒い炎と同質で、悪魔を無に、人間を虚にする能力を持っています。

騎士団が使う聖水などは、アルムマヘルの結晶から作れています。

  • 八候王の氣の王・アザゼル

八候王の一人で、氣の王”

双皇に共鳴しており、人類保護を唱えるサマエル派閥に加勢しています。

100年前にはまだ生身の部分が残っていたとされており、藤本獅郎は自身の憑依体をもとにしたクローンなのでした。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】京都・不浄王編(5巻~9巻)あらすじと見どころ

京都へGO!

京都・不浄王編では、坊こと勝呂竜士の父が当主を務める”明陀宗”が登場します。

明陀宗には、志摩廉造の実家である僧正血統の志摩家や、子猫丸が現当主を務める僧正血統である三輪家もいます。

京都・不浄王編はアニメ2期でも放送され、青い夜のことや、勝呂竜士の父の達磨の真の目的、達磨と獅郎の縁、志摩家や三輪家のことなど。

それぞれの核心に迫ったストーリーとなっています。

事の始まりは、正十字学園の最深部に封印されていた”不浄王の左目”が奪われ、同時刻、京都出張所の深部でも封印されている”不浄王の右目”が襲撃されたことでした。

不浄王とは、江戸時代に熱病や疫病が蔓延させたといわれる上級悪魔で、4万人以上の犠牲者を出した元凶といわれる。

右目と左目は、不浄王を討伐した僧侶が証として抜き取ったもので、目だけでも強烈な瘴気を発するため危険とされる。

正十字学園の”左目”は、悪魔落ちした祓魔師の藤堂三郎太による犯行

そこで、燐たち訓練生は京都出張所の”右目”を再度の襲撃から守るため、警護の応援として京都へ向かうことに。

不浄王の復活

京都出張所は、戦闘員の半数近くが”明陀宗”という仏教宗派の者で構成されています。

明陀宗とは、独自の教えを守る宗派であり、仏に祈り教えを説くだけでなく、より”魔”を祓うことに特化したエクソシスト集団

さらに、明陀宗は世襲制の組織体制をとっており、竜士の父である達磨大僧正が頭首でした。

達磨は祓魔師として活動する門徒たちと距離を置き、不可解な行動ばかりするため、不満を募らせた僧正家の宝生蝮は藤堂に協力し、右目を奪い去ってしまいます。

両目を手に入れた藤堂は、江戸時代に数万人を殺したという悪魔の不浄王を復活させる。

さらに達磨の使い魔の伽樓羅(カルラ)を喰らい、自身に憑依させたのです。

不浄王は瘴気を撒き散らし、計り知れない犠牲者を出そうとしていました。

そこへ現れたのは、なんと”生臭坊主”呼ばわりされていた達磨だったのです。

達磨と藤堂の壮絶な戦いが今ここで始まる……!

スポンサーリンク

【青の祓魔師】京都・不浄王編(5巻~9巻)の登場人物

日本支部最深部/藤堂 三郎太

藤堂 三郎太は、日本支部最深部部長で、元祓魔塾講師(魔法円、印章術担当)の上二級祓魔師。

取得称号は手騎士、医工騎士、詠唱騎士。

代々祓魔師を輩出する名家の藤堂家出身ですが、定められた人生に疑問を抱き、悪魔落ちしてしまうのでした。

伽樓羅の力を得たことで強力な炎を操る能力を得ており、再生力は非常に高く、多少の傷は即座に回復、火属性の攻撃はほぼ効きません。

この憑依の影響によって、20代前半まで若返っています。

明陀宗

勝呂達磨

明陀宗頭首で17代目座主、竜士の父。

僧位は大僧正で、騎士團には所属しておらず、祓魔師の称号も持っていません。

16年前に藤本獅郎と面識を持ち、病に苦しむ妻を救われたことがあります。

彼の人格を信頼して家族や門徒には秘密で、本尊の降魔剣を譲渡しました。

志摩八百造

京都出張所所長で、上一級仏教系祓魔師。

取得称号は騎士と詠唱騎士、僧位は僧正。

廉造ら五男二女の父です。

騎士團に所属しない達磨の代わりに、明陀の門徒を丸く収めるのでした。

志摩柔造

八百造の次男で、京都出張所祓魔一番隊隊長。

上二級仏教系祓魔師であり、取得称号は騎士、詠唱騎士。

長男が死亡したため、志摩家の跡継ぎとなりました。

短気で熱血な性格ですが、面倒見が良く兄弟一モテるよう。

不浄王討伐後には、宝王蝮との結婚を決めました。

志摩金造

八百造の四男で、京都出張所警邏二番隊隊員。

中二級仏教系祓魔師であり、取得称号は騎士、詠唱騎士。

かなり感情的で喧嘩っ早く、気性の荒い性格で、金髪がトレードマークです。

”入滅ストライダー”というバンドのボーカル兼三味線パートも務めています。

志摩剛造

志摩家の三男で、志摩寺若僧正。

兄弟の中で1番大柄ですが1番温厚な性格。

現在は騎士團の海外支部に勤務しています。

宝生蝮(ほうじょう まむし)

蟒の長女で、京都出張所深部一番隊隊長。

中一級仏教系祓魔師であり、取得称号は手騎士、詠唱騎士。

明陀宗には強い愛着を持つがあまり、達磨に納得がいかず、結果として藤堂の不浄王の右目奪取に手を貸してしまうのでした。

不浄王討伐後には、柔造と婚約しました。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】学園七不思議編(10巻~11巻)あらすじと見どころ

学園七不思議編では、四大騎士(アークナイト)のひとりルーイン・ライトが登場します。

世界各地では、不浄姫の復活と悪魔喰い(デーモンイーター)の出現、人工の虚無界の門(ゲヘナゲート)発見など、異変が相次いでいました。

聖騎士のアーサー率いる聖天使團(エンジェリックレギオン)は、それらを調査すべく各地を訪れるのです。

人口の虚無界の門は、メフィストが時の王”サマエル”の力で時間を止めて、門の拡大を遅らせます。

そして、ここまでの科学力と財力を持つのは、啓明結社イルミナティしかないと断定したのです。

その一方で、燐たちは夏休みが終わり2学期が始まりましたが、正十字学園では七不思議が流行して、悪魔が見えるという人間が急増していました。

燐たちは、七不思議の元となった擬態霊(シェイブシフター)と戦うことになるも、連携が上手くいかず思うように祓魔ができずにいました。

しかし、子猫丸がみんなを奮い立たせたことにより、各々が役割を考えて戦えるようになっていくのです。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】学園七不思議編(10巻~11巻)の登場人物

正十字騎士団

ルーイン・ライト

四大騎士(アークナイト)の一人で、上一級祓魔師。

所得称号は騎士、手騎士、手騎士二種、竜騎士、医工騎士、詠唱騎士。

通称”詠唱・召喚儀式の達人(ライトニング)”と呼ばれています。

超上級悪魔を略式詠唱で召喚し、800を超えるオリジナルの致死節を開発するなど、かなりの実力者です。

今後、日本が事態の中心となると推測し、魔法円、印章術の担当講師として日本支部に赴任することに。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】島根・イルミナティ編(11巻~15巻)あらすじと見どころ

島根・イルミナティ編では、虚無界の最高権力者である光の王・ルシフェルが登場します。

正十字学園は年に一度の学園祭。

そんな中、突如として学園に現れたイルミナティ総帥で光の王”ルシフェル”による騎士團に対する宣戦布告と攻撃が行われるのでした。

ルシフェルによる宣戦布告では、

  • 1年以内にルシフェルの父上である魔神サタンを復活させる
  • 2つに分かれた物質界虚無界をひとつに融合し、光と闇が生まれる前の無へと帰す

加えて、イルミナティのスパイだと判明した志摩廉造によって、出雲がイルミナティへ連れ去られてしまいます。

ここで宝ねむの正体が明かされ、燐たち候補生は出雲を救出するため、彼女の故郷の島根県稲生に向かうことに。

そこで燐たちは、出雲の過去や稲生で行われている非道な人体実験を目の当たりにしました。

出雲は母である玉雲(たまも)が、実験体としての価値を失ったためにイルミナティへ呼び寄せられていたのです。

玉雲の身体から抜き取った九尾を憑依された出雲は、九尾を制御しきれずに暴走してしまいます。

駆けつけた燐たちも出雲から九尾を祓魔すべく奮闘しますが、出雲を救うことはできるのか⁉

スポンサーリンク

【青の祓魔師】島根・イルミナティ編(11巻~15巻)の登場人物

啓明結社イルミナティ

ルシフェル

イルミナティ総帥で、八候王のひとり光の王”

虚無界の実質的な最高権力者。

人間の男性に憑依しているものの、憑依体が劣化しているため非常に衰弱しています。

悪魔としての格が高すぎて、どれだけ優れた憑依体でも10年も持たず崩壊してしまうことで、その苦痛から生じるストレスの捌け口として戦火、水害、伝染病を引き起こすことで、幾度も人類を滅ぼそうとしてきました。

1年以内にサタンを復活させるべく行動を起こし、各地の正十字騎士團を襲撃し宣戦布告したのです。

神木家

神木玉雲(かみき たまも)

稲生大社の祭祀を担う稲神家の分家である神木家の六十四代目宮司。

彼らは、狐神と交わって神通力を得た一族でもあります。

出雲は白狐を複数同時に使役するなど、神通力については歴代で最高とされていました。

本家当主との関係がうまくいかなくなったことがきっかけとなり、九尾に憑依され暴走してイルミナティに捕らえられます。

外道院によるエリクサー実験の実験体として使われ、かつての美しい姿は失い、体中の皮膚が壊死した無残な姿となってしまいました。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】青森・八郎太郎編(16巻~18巻)あらすじと見どころ

イルミナティと正十字騎士團双方の公認スパイとして、祓魔塾に帰還した志摩廉造。

雪男は志摩廉造から、ルシフェルから直接イルミナティへ勧誘されたことや、自身の”目”に起きている異変について誰かに相談するよう忠告され、戸惑いを見せます。

そんな自分の中に潜む”力”を明確にすべく命懸けで正体を探っていると、確かなのは”目”が自分を守ろうとしていることでした。

その頃、正十字騎士団の本部では上層部円卓会議が行われていました。

やはりイルミナティは危険視される存在だと判明し、ライトニングことルーイン・ライトが日本支部に配属されることとなります。

ライトニングの授業を見た勝呂は感銘を受けて弟子入りを頼み込み、なんとか許可されました。

燐と雪男はメフィストに呼び出され、行方不明のシュラを捜索するよう言い渡され、青森へと向かうことに。

そこはシュリの故郷で、彼女は祖先が交わした契約によって30歳までに死ぬ運命が決まっていました。

シュリの過去が明らかとなる……!

スポンサーリンク

【青の祓魔師】青森・八郎太郎編(16巻~18巻)の登場人物

正十字騎士団

ドラク・ドラグレスク

四大騎士(アークナイト)のひとりで、ルーマニア支部所属。

K.R.C.研究所所長も務めています。

獅郎からは”善良な狂科学者(マッドサイエンティスト)“と評され、自分が研究を続けるためならばどんなことでもする人間でもあります。

完全なクローンの完成を目指し、青い夜の後もイルミナティに内通して研究を続けており、完成させたサタンの憑依体の確保に成功するのです。

オセオラ・レッドアーム

四大騎士(アークナイト)のひとりで、メキシコ支部所属の監視官(サーヴィランス)。

左腕に狐狼弟装(カレタカ・ココトル)を宿して格闘します。

ライトニングが投獄された際には、独断で釈放をしたことも。

ルーシー・陽(ルーシー・ヤン)

四大騎士(アークナイト)のひとりで、”幻霧使い”(ファントムフォッガー)の異名を持つ中国支部所属の監視官(サーヴィランス)。

当初は審問で暴れたライトニングの投獄を認めたが、竜二の話を聞いてドラグレスクが狂科学者であることを思い出し、ライトニングの言葉を信じる事にしました。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】十三號セクション編(18巻~20巻)あらすじと見どころ

十三號セクション編では、失踪したとされていたイゴール・ネイガウス博士が登場します。

シュラが契約を破棄した八郎太郎大神は、その後イルミナティに捕獲されました。

その際、捕獲に来た藤堂は「伽樓羅(カルラ)がやっと身体に馴染んだ」と青年のように若返った姿を見せます。

一方で、ライトニングは青い夜になにかあると考えており、ついに”十三號セクション”の存在を突き止めます。

メフィストを問い詰め、別の時空間に保存されていた十三號セクションへ向かうと、イゴール・ネイガウス博士の姿が。

そこは、以前のままの状態で保存されており、正十字騎士団が八候王(パール)の憑依体を造っていたことが明らかとなりました。

そんな中、正十字学園にアマイモンが転校してきました。

次々と真相が明らかとなり、ついに雪男は自身の正体への不安から勝呂を脅してしまうのです。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】雪の果て(20巻~22巻)あらすじと見どころ

雪男の襲撃により、人工虚無界の門(ゲヘナゲート)の結界を手放すことを決意したメフィスト。

雪男は自身の身体に起きている異変の真相の究明と、強くなりたいという思いから、イルミナティへ行くことに。

そんな雪男を止めようと燐は、サタンの力を暴走させてしまいます。

雪男との戦いで降魔剣が折れたことで、降魔剣に封印されていたサタンの心臓が燐の肉体へ戻ったのです。

その後の燐は、とても暴力的で明らかに様子がおかしくなりました。

しかし、しえみの声を聞いて我を取り戻した燐は、”暴力的なもうひとりの自分”を抑え込みます。

そして、メフィストに隠されてきた自身の出生について教えるよう頼むのです。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】雪の果て(20巻~22巻)の登場人物

正十字騎士団

ユリ・エギン

燐と雪男の母親とされる女性で、下二級祓魔師。

サタンの子を宿した大罪人として扱われており、その情報の多くは機密扱いとされています。

20年前、初めて人間に受肉したサタンと出会い、彼に懐かれたことで教育係に任命されます。

わずか1年3カ月という短期間で知能を急成長させたせいで経験が伴っていないことを危惧し、自分以外の者とも接する機会を与えるべきだと提案しました。

その後、獅郎と会わせたことで対抗意識を煽ってしまい、セクションからの逃走につながってしまうことに。

イルミナティ

エギュン

八侯王の1柱、水の王であり、虚無界の第五権力者。

17年前はタコのような頭部を持つ人型だったものの、現在はサメの着ぐるみをかぶった小柄な男性の姿をしています。

イブリース

八侯王の1柱、火の王で、虚無界の第四権力者。

17年前は体に火を灯した女性の姿をしていました。

アスタロト

八侯王の1柱、腐の王で、虚無界の第六権力者。

17年前はキノコの生えた袋を頭にかぶったスーツ姿、体には羽虫がたかっていました。

藤堂誉(とうどう ほまれ)

ルシフェルの親衛隊”金の星(フォスフォロス)”の隊長。

三郎太の娘で、位階は大達人(アデプタスマイナー)。

志摩廉造の上司にあたり、冷静沈着な性格。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】過去(22巻~)あらすじと見どころ

燐から過去について聞かれたメフィストは、獅郎の形見の”神隠しの鍵”の使い方を教えます。

神隠しの鍵は、持ち主の望む次元に導く唯一無二の万能鍵(マスターキー)。

そうして燐は、目をそらしてきた自身の凄まじい過去と向き合うことに。

母のユリと獅郎の幼少期からの過去や、サタンがユリに懐いていくことなど……。

ついにユリが自分たちを出産した日、生まれてきた自分が暴れ回って人間を殺してしまったのを目の当たりにした燐。

またしても自我を忘れ暴走しかけるも、傍にいたメフィストに助けられます。

生まれるべきではなかったという燐ですが、全てと向き合ってからこの先どうするかを決めると決意を固めました。

一方で、正十字学園では しえみの元へヴァチカン本部の賢座庁(グリゴルセデス)を名乗る者たちがやって来て、しえみを連れて行くのです。

スポンサーリンク

【青の祓魔師】プチ情報

漫画最新刊は25巻

青の祓魔師の漫画は2020年5月現在、24巻まで発売されています。

25巻の発売日は、2020年6月4日です。

アニメはどこで見れる?3期はある?

現在【青の祓魔師】アニメ1期が観られるのは、以下の通り。

【青の祓魔師】アニメ2期が観られるのは、以下の通り。

アニメ3期の製作はまだ未定ですが、1期から2期までも6年もの期間が空いていたこともあることから、今後製作される可能性もゼロではないようです。

漫画が全巻無料で読める⁉


現在少年ジャンプの公式サイトで【青の祓魔師】を全24巻無料で一気読みができます!

6/4には最新刊の25巻が発売されるので、是非この機会に読まれてみては⁉

スポンサーリンク

【青の祓魔師】感想

今年で連載11年を迎える【青の祓魔師】。

主人公が悪魔とのハーフ、エクソシストという洋風と、”和”が上手く融合した斬新な世界観はとても面白いです。

双子なのに正反対の燐と雪男、ボタンの掛け違いのようにすれ違ってしまった2人がこの先どうなってしまうのか。

悲惨な自身の過去について全てを目にしたとき、一体燐はどんな決断をするのかにも注目したいです。

タイトルとURLをコピーしました