【約束のネバーランド】アニメ2期/第2話ネタバレと考察。ついに”約束”の全容が明らかに!

「約束のネバーランド」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【約束のネバーランド】アニメ2期/第2話あらすじと感想。体調を崩して倒れたエマの前に現れた少女の正体は、なんと鬼でした。すでに鬼の隠れ家には他の子供たちもいるとのことですが、エマたちの運命はいかに⁉︎1000年前に交わした”約束”とは一体⁉︎

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
公式サイト ➤

動画配信


*huluはシーズン1

当サイトでご紹介しているものは2021年1月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連商品
スポンサーリンク

【約束のネバーランド】2期・2話あらすじ

体調を崩して倒れたエマと、複数の鬼に追い込まれたレイに救いの手を差し伸べたのは、なんと鬼だったことが判明。

フードを被った少女の名はムジカ、フードを被った男性の名はソンジュ。

エマとレイは助けられたのではなく罠を疑いますが、鬼は鬼でも彼女たちは”信仰上の理由から人間を食べない鬼”でした。

ただし、ほとんどの鬼は人間を襲うため、ごく少数の自分たちのような者は社会の異端児だとソンジュは言います。

エマたちを助けたのは興味からであり、”農園の内側でしか見ることができない生きた人間”と久しぶりに会話してみたかったのだそう。

世界が今どうなっているのかと尋ねるエマに、ソンジュは”人間と鬼が交わした約束”について話し出しました。

はるか昔、世界が今よりずっと広かった時代のこと。

農園など存在しない広大な世界で、鬼は数多くいる人間を好き勝手に狩って食す生活をしており、そんな鬼に服従や崇拝する人間もいれば、怒りと憎しみで敵対する人間もいました。

やがて人間は食べられるよりも多くの鬼を殺すことを選び、鬼も同様に人間を憎むようになり終わらない戦いが始まります。

そんなある時、人間が鬼にある提案をしてきました。

人間も鬼も互いを狩らず、世界を棲み分けること

こうして”人間の世界”と”鬼の世界”は2つに分けられて断絶し、これこそが全ての始まりとなった”約束”でした。

さらに、食用児の祖先は世界が分かれた際に鬼の世界側に置いていかれた、いわば土産なのだと。

鬼は人間を狩らないという約束を守り人間を管理して養殖を続けており、その養殖機関こそが”農園”だったのです。

その中でも、エマたちが逃げてきたグレイス=フィールドは、多種多様存在する農園の中で最上級に位置する1つでした。

その取り決めからおよそ1000年、世界の姿はほぼ変わっていませんでした。

ソンジュの話に衝撃を受けたエマとレイは、顔を見合わせて満面の笑みを浮かべ、鬼のいない人間の世界があったことを全力で喜びます。

しかし、ソンジュはそんな2人を制止して、人間と鬼との間で交わされた約束の1つによって、人間の世界へは2度と行き来できないように道が完全に封鎖されていることを伝えます。

エマとレイは、一瞬表情を曇らせたものの、人間の世界へ行く方法は見つけるから大丈夫だと力強く答えたのです。

スポンサーリンク

 【約束のネバーランド】2期・2話の解説と感想

約束とは

アニメ2期の2話では、原作漫画6巻46話から49話までが描かれました。

これまで最大の謎だった”約束”とは人間と鬼は棲み分けることだと判明しましたが、まさか農園が鬼への置き土産となっていたとは想像もつきませんでした。

ただ、置いていかれた人間というのは”偶然置いて行かれた”とは思えず、”互いに棲み分ける”と約束した時点で、人間側は最初からそのつもりだったのではないかと考えられるのです。

というのも、”互いに狩らずに棲み分ける”というのを成立させるには、人間を食す鬼のために安定した人間を提供し続ける必要があります。

農園となった今は、鬼の方で自給自足ができるため人間の提供は必要ありませんが、最初はある程度の人間が必須となるため、一定数の人間を”置いてく形で”鬼側に差し出したのではないかと推測できます。

しかしその場合、食用児であるエマたちが仮に人間の世界まで辿り着いたとしても歓迎されるわけがないことにもなるのです。

人間の世界で暮らす者たちからすれば、自らの安全の保障のために食用児を差し出したのに、もし脱獄なんてしてきたら……。

加えて、もしエマたちが食用児を全員を脱獄させようとしていると知れば、人間の世界で暮らす者たちは正気ではいられないでしょう。

そう考えると、人間の世界があると知り希望に満ちているエマたちを待ち受ける未来は明るいとは思えず、この先のことを考えると胸が苦しくなります。

エマへの違和感

そして気になるのが、エマのポテンシャルの高さ。

いくらグレイス=フィールドでフルスコアだったとはいえ、生まれて初めて扱う弓をすぐさま使いこなしたうえに、飛んできた小さなクルミを撃ち抜いてしまうのには少し違和感を感じました。

ソンジェに教わった狩りで生きた小鳥を狙った際にも、いとも簡単に小鳥を射抜いてしまうなどあまりにもエマの能力が高すぎるように感じるのです。

もしかしたらエマの出生にはなにか秘密が隠されているのではないか、その辺りも今後注目していきたいポイントのひとつです。

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】放送

【約束のネバーランド】アニメ2期は、2021年1月現在、毎週木曜日25:25からフジテレビ”ノイタミナ”で放送中です。

次回3話は、1月22日午前1:25からフジテレビ“ノイタミナ”にて放送予定となっています。

タイトルとURLをコピーしました