【ゆるキャン△】アニメ2期/第12話ネタバレと考察。キャンプ2日目は誕生日パーティー!

「ゆるキャン△ 2期」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

アニメ「ゆるキャン△」は、2018年に1期が放送され「冬キャンプ」をテーマとしたアニメ作品です。2019年に実写ドラマ化され、2021年現在アニメ2期が放送されています。今後、劇場版とドラマ2期の制作が決まっており、ますます人気が高まっている作品です。今回は現在放送されているアニメ2期第12話「伊豆キャン!!!バースデー!」のあらすじ・見どころを紹介します!

©あfろ・芳文社/野外活動サークル

公式サイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年4月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連作品

「ゆるキャン△」を検索

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】アニメ2期第12話あらすじ

「せっかく新しいところ行くんだから何かやってみたら」

アニメ2期の第12話は、山梨への引っ越しを寂しがっている各務原なでしこ(花守ゆみり)を土岐綾乃(黒沢ともよ)が励ます回想シーンから始まります。

2泊3日の伊豆キャンプは2日目の昼を迎え、7人は西伊豆の食堂で海鮮ぶっかけ丼を堪能します。

その後、堂ヶ島や天窓洞、三四郎島のトンボロなど伊豆ジオパークのジオスポットを巡り、火山から作られたダイナミックな地形に、7人は写真を撮って感心した様子で眺めます。

そして2日目のキャンプの買い出しを済ませ、キャンプ場に向かいました。

原付で移動している志摩リン(東山奈央)は、鳥羽先生(伊藤静)に「先生、キャンプ場まで私が前を走ってもいいですか」と尋ね、ツーリングスポットとして有名な西伊豆スカイラインの景色を楽しみます。

ずっと走ってみたかった道を走ることができ、リンは「空の上を走っているみたいだ。お父さんたちもここをバイクで走ったんだろうなぁ。」とバイク好きの両親に想いを馳せました。

2日目のキャンプ場である「だるまの森キャンプ場」に到着すると、火山の噴火で作られたなだらかな高原の先に富士山が見え、7人は久しぶりに見る富士山を懐かしい気持ちで眺めます。

テントを張り終わると、ごはん担当の3人は、なでしことあおいを温泉に向かわせ、2人がいない間にサプライズ誕生日会の準備を進めます。

2人が温泉から戻ると、あたりはキャンドルで飾りつけされ、ごはんとケーキが用意されていました。

2人は照れながらホットケーキでできた誕生日ケーキのろうそくを吹き消し、プレゼントにキャンプ道具のお洒落な木の器をもらいます。

そして、海老とトマトのリゾットと先生用に作ったお酒に合うおつまみなどを楽しみ、2日目の夜は翌朝だるま山からの日の出を見るため早めに眠りにつきました。

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】アニメ2期第12話見どころと考察

三四郎島のトンボロ

トンボロ満潮時

© 2009 – 2021 Nishiizu Town in Shizuoka

トンボロ干潮時

© 2009 – 2021 Nishiizu Town in Shizuoka

トンボロは「引潮で道ができる自然現象」のことを指し、普段は海で渡れない島に干潮時は渡ることができます。

少し早く渡り始めた6人は、まだ水があるところは靴を脱いで渡り、3月の冷たい海を楽しそうに歩いていきます。

あおいに「トンボロは豚トロのようなもの」と騙され、屋台を楽しみにしていたあかりは、この自然現象だったことを知りショックを受けます。

トンボロで6人が靴を脱いで楽しそうに歩くシーンは、【ゆるキャン△2期】のトップ画像にもなっています。

このシーンを離れたところにいる鳥羽先生が写真を撮る様子が素敵な演出でした。

画像出典:西伊豆町公式サイト

なでしことあおいの誕生日パーティー


リンと恵那と千明が担当した2日目のキャンプ飯は、「海老とトマトのリゾット」と「ホットケーキで作るバースデーケーキ」でした。

鳥羽先生が買った伊勢エビの殻で出汁を取り、良いチーズを使って仕上げました。

さらに「エクストラエビオイル」をかけると、口の中いっぱいに海老の味が広がり、更に美味しくリゾットを食べることができます。

キャンプ道具のプレゼントを用意して、テント周りを飾りつけ、ごはんとケーキを作り、キャンプ場で楽しくお祝いするところは、さすが【ゆるキャン△】らしい誕生日パーティーだと感じました。

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】アニメ2期第12話感想

今回第12話は、伊豆キャンプの2日目を描いた回となりました。

12話の最後、5人が美しい風景とゆるい会話のなかで朝日を見るシーンは、何とも言えない優しい気持ちになりました。

また鳥羽先生が妹からの電話で語った、野クルの顧問を引き受けて良かったという想いも印象的です。

そして今回の伊豆キャンプでは、トップ画像のトンボロのシーンや、オープニングで見てきた映像が本編に登場するなど1話から見てきたファンにとって嬉しくなる場面も数多くありました。

伊豆ジオパーク巡りと伊豆の食材を満喫する、2泊3日の伊豆キャンプも次回で終わりです。

最終回となる第13話「ただいま」では、伊豆キャンプ3日目の様子から家に帰るところが描かれます。

カピバラ温泉と飯田さん親子のお店を訪れた後、7人はどんな旅の締めくくりをするのでしょうか。

ぜひ、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました