【リストランテ・パラディーゾ】ローマの真ん中から少し外れた通りへ探しに行きたい。

出典:www.amazon.co.jp

【リストランテ・パラディーゾ】ネタバレと感想。

「マンガ・エロティクス・エフ」にて連載され、2009年にフジテレビ系列「NOISE」にてアニメ化し大きな反響を呼んだ、オノ・ナツメの代表作のひとつ【リストランテ・パラディーゾ】。

【3月のライオン】などで知られる羽海野チカも、原作オビにて推薦するほど人々を酔わせる極上リストランテへようこそ。

スポンサーリンク

【リストランテ・パラディーゾ】のあらすじ

【ACCA13区監察課】オノ・ナツメ独特の世界観に心揺れる!OVAの情報も。

【さらい屋 五葉】悩みを抱えながらもだれかの支えになるということ。

再婚するため、祖父母に成人するまで娘を置き去りにした母・オルガを恨み、バツイチで娘がいることを知らない再婚相手に真実を暴露してやろうと、田舎からローマへでてきたニコレッタ。

母の再婚相手がオーナーをしている、リストランテ「ガゼッタ・デッロルソ(くまの小さな家)」を訪れるものの、いいように丸め込まれてローマに滞在する友人の娘として紹介されてしまいます。

料理がおいしく、老眼鏡紳士がカメリエーレ(ホールスタッフ)を勤めることで有名なそのリストランテで、見習いとして働き始めたニコレッタは、徐々にカメリエーレ長のクラウディオに惹かれていき……。

スポンサーリンク

【リストランテ・パラディーゾ】の見どころとネタバレ

老紳士萌えの原点的作品!

イタリア首相ジュリアーノ・アマート氏の老眼鏡姿に一目惚れしたことからイタリア留学を経て、老紳士を作中で取り扱うようになったオノ・ナツメが手掛けるドラマ【リストランテ・パラディーゾ】、略してリスパラ。

多くのジャンルを取り扱う彼女ですが、ヨーロッパなどの外国にとてもマッチする絵柄であることや紳士萌えというジャンルで当時大注目を浴びた作品です。

オノ作品にとって初めてのアニメ化作品であるのも本作。

極上の料理と登場人物たちが織りなすドラマに酔いしれること間違いなしです!

さすがのストーリー構成と原作について

さらい屋五葉】や【ACCA 第13区監察課】からもわかるように、オノ・ナツメ作品はどれもストーリー構成がとても丁寧にまとまめられていて美しい限り。

本作は家族・人生など他の登場人物についても描きつつ、主人公・ニコレッタの恋を中心に構成されており、オノ作品の中でも特に、余白や奥行き、ゆったりとした夜の静けさを感じさせられる作品であると思います。

アニメでは同タイトル原作【リストランテ・パラディーゾ】、その後連載されていた番外編【GENTE~リストランテの人々~】(全3巻)のストーリーをうまく混ぜて制作、両作品の話が堪能できるようになっています。

ちなみに原作を読む場合は、GENTE1→リスパラ→GENTE2→GENTE3の順番で読むと時系列がぴったり合うのでおすすめです!

スタッフ・声優陣にもご注目

のちに【さらい屋五葉】(2010)にて絵コンテを担当する加瀬充子が監督を務め、オノ作品の独特な絵柄を見事再現しています。

【あたしンち】(2002~2016)の立花みかん役など、折笠富美子がニコレッタを演じ、J・K・シモンズの吹き替えを持ち役にしている立川三貴、「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」の天谷奴 零役でもおなじみの黒田崇矢、【ACCA 第13区監察課】にてオウル役を演じた上田燿司などがそれぞれ紳士たちに合ったしっとりと静かな声色でリスパラの世界観を構成しています。

スポンサーリンク

【リストランテ・パラディーゾ】まとめ・おすすめ作品

アニメはもちろん、原作を読んだあとに思わず「リストランテを探すローマへの旅に出たくなってしまう」ほど魅力に溢れた作品かと思います。

本作以降、ヨーロッパが舞台であるという作品は今の所ありませんが、やはり【ACCA 第13区監察課】やそのサイドストーリーとして「月刊ビックガンガン」で連載中の【BADON】などが異国風で似た世界観ではないかと思います。

本作以前ですと「Danza」や「Danza」などの短編集がおすすめです。

また、オノ・ナツメは別名義・bassoにて【クマとインテリ】を始めとしたBL短編集も出しており、テーマが「イタリア男・スーツ・メガネ」なので、本作でうっかり萌えを自覚してしまった方はぜひチェックしていただきたいです。

おすすめ作品は、まずよしながふみ作【西洋骨董洋菓子店】。

「アンティーク」というケーキ専門店を舞台に、男性スタッフたちの人間関係を描いた作品で、2008年に「ノイタミナ」にてアニメ化、同年に韓国で映画化もされています。

ケーキ専門店故にたくさんのおいしそうな食べ物(ケーキ)が登場したり、スタッフたちのストーリーと似ている点が多いので、リスパラ好きにはぜひおすすめしたい作品です。

ちなみにドラマ化して絶大な人気を博した【きのう何食べた?】もよしながふみの作品。

主にヨーロッパを舞台にしたドラマ系の作品としては、病気で亡くなった母の遺言に従ってヨーロッパを旅することになった主人公・大空とその周りの人々を描いた、たらちねジョン作【グッドナイト、アイラブユー】(全4巻)。

さらに、オーダーメイドの靴職人・一条歩をイタリア、日本を織り交ぜて描いた、オノと友人関係でもある、えすとえむ作【IPPO】(全5巻)などもチェックしてみてください。

記事内画像:公式サイト

タイトルとURLをコピーしました