【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画14巻。ボルト暴走!九喇嘛と輪廻眼を失う⁉︎

「BORUTO―ボルト― 14 ―NARUTO NEXT GENERATIONS―」出典:Amazon.co.jp

作品紹介

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画14巻ネタバレ解説。ナルトは大筒木イッシキを倒すべく、究極の奥の手・重粒子モードを使って優勢に持ち込むものの、その代償はあまりにも大き過ぎるものでした。さらに、イッシキはチャクラを辿ってカワキを呼び出し、ついに器を手にすることに。絶体絶命に思われたその時、カワキの取った行動とは⁉︎

©岸本斉史 | 池本幹雄 | 小太刀右京 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ
公式サイト ➤

「BORUTO/ボルト」の記事を検索

スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画14巻あらすじ

一刻も早くカワキという器に転生を果たしたいと大筒木イッシキと対するナルトたちですが、イッシキの圧倒的能力に圧され攻めあぐねていました。

そんな最中、ナルトは九喇嘛から究極の奥の手があることを打ち明けられます。

その名も、新形態・重粒子(バリオン)モード。

九喇嘛(クラマ)曰く、重粒子モードは九喇嘛とナルトのチャクラを元手に消費しながら作られるものであり、その姿は命が尽きるまで続くとのことでした。

重粒子モードを受け入れたナルトはまるで様子が変わり、他者から見てもその莫大なチャクラは一目瞭然でした。

これまでの劣勢が嘘のようにイッシキを凌駕するナルトは、イッシキのどんな攻撃ももろともせず、確実に攻撃を当て続けていきます。

するとその時、応戦していたイッシキが吐血しました。

これこそが命を削って生み出される重粒子モードの真意であり、その攻撃を受けた者の命さえも削ることができるのです。

イッシキは何が起きたのかわからぬものの自身の寿命が確実に減り、残り10分の命しかないことを察知すると明らかに動揺を見せます。

余命僅かとなったイッシキは、早急に器であるカワキを手に入れたいと焦りを見せ、ナルトのチャクラの中からカワキのチャクラを見つけ出します。

それは、右腕を失ったカワキがナルトの義手を借りていたためでした。

元はナルト専用の義手だったため、常にナルトがチャクラを練り込んでいたことからカワキでも使用することができていたのです。

皮肉にもその繋がりからイッシキはカワキのチャクラを探知し、目の前にカワキを呼び出すことに成功。

カワキは突然のワープに驚きながらも、残り5分に迫ったイッシキの寿命の間、楔(カーマ)を刻まれずに逃げ切ることを決めます。

しかし、ナルトとサスケの力を借り、何とか逃げ切ったかのように思われましたが、カワキが父のように慕うナルトを人質に取られてしまいます。

イッシキがナルトを殺すまでのカウントダウンを始める中、カワキは身を潜めながらナルトとの過去に想いを馳せていました。

カワキにとって唯一愛情を与えてくれたのがナルトであり、そんなナルトを失うことは自分の死よりも耐えられないと、自らイッシキの元へと姿を現したのです。

またしてもカワキは楔を刻まれてしまうのか、ナルトの運命はどうなってしまうのか。

また、チャクラ切れで気を失っていたボルトがサスケに襲いかかり……。

スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画14巻の解説

九喇嘛と輪廻眼の消失

ボルトはチャクラ切れで意識を失っていましたが、これによりボルトの自我の影響を受けないことから大筒木モモシキがボルトを乗っ取りました。

ボロボロだったボルトの体もモモシキの自己治癒能力で治癒したうえ、ナルトもサスケも先の戦闘によってかなり消耗しているため、モモシキからすれば絶好のチャンスの到来。

そのために厄介な時空間忍術を封じるべく、サスケの輪廻眼(りんねがん)を潰してしまったのです。

さらに、モモシキの能力とは関係ないものの、ナルトはイッシキとの戦闘の際に使用した重粒子モードの対価として九喇嘛(クラマ)を失っていました

ボルトは完全にチャクラを失っており、自我でモモシキを制御することは期待できません。

これらのことから、このモモシキ(ボルト)との戦いでまともに戦えるのはカワキのみであり、彼が重要な役目を果たすこととなります。

ほぼ”大筒木”になっていたボルトとカワキ

完全にモモシキに乗っ取られたボルトと戦うカワキは、その戦闘の中でモモシキの真の目的を知ることになります。

そのため、楔のなくなったカワキにも大筒木のバックアップファイルは残っており、情報の解凍が進んでいました。

そしてモモシキは、イッシキが隠している十尾を手に入れたらカワキを十尾に喰わせ、その実を自らが喰らおうと考えていたのです。

大筒木一族の目的は”神になる”こと

大筒木イッシキが最後に訪れた元は、カワキ以外で唯一ジゲンの洗礼を受けても生き残った1人である、コードの元でした。

洗礼の生き残りであるコードには器としての適性はなかったものの、カワキたちのような黒い楔ではなく”白き楔(カーマ)”のみが残っており、それは純粋な力として彼に宿っていたのです。

イッシキはそれを辿ってコードの前に現れ、大筒木の意思を受け継ぐことを託して消えていきました。

大筒木の意思とは、カワキかボルトを生贄にして神樹を生やし、チャクラの実を喰らい自らをアップデートしていくこと。

それをコードが行うことでコードは次なる大筒木となり、神となるまでその行為を続けて進化を行うようイッシキから託されました。

スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】次巻(15巻)のネタバレ

次巻(15巻)の発売日は?

現在発売されているVジャンプに連載されているのは第57話。

【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-】の単行本は、いつも4話ずつ収録されているので、恐らく次巻は第56話~第59話までかと思われます。

そしてその次巻(15巻)の発売日は、2021年9月3日です。

最新話(57話)までのネタバレ

ボルトたちは里に戻り、普段の生活へと戻りました。

しかし、カワキは未だ楔が残るボルトの行く末を気にしており、ボルトの器を用意することを提案します。

誰かを犠牲にしたくないと考えるボルトに対し、カワキは自分と同じくジゲンの洗礼を受けても生き残ったコードの存在を明らかにしました。

コードは器としての適性こそなかったものの楔には適応し、その能力はジゲンをも上回るほど驚異的なものだったとのこと。

殻のメンバー内陣の最後の1人で幹部であり、最強の男のコードは簡単な相手ではないものの、九喇嘛の力を失ったナルトや輪廻眼を失ったサスケをいつまでも頼れないため、更なる力を求めて修行を始めるのです。

一方で、大筒木の意思を託されたコードは殻の幹部ボロの教団施設を訪れ、改造人間の” エイダ”に会いに行きます。

エイダは”心を奪う能力”と”千里眼”を持っており、コードはその力を利用して自身の”力のリミッター”を解除しようと考えていました。

早速エイダの千里眼を使ってリミッターの解除方法を探ると、それにはアマドの眼による虹彩認証と声紋によるコマンド入力が必要だと判明。

しかも、アマドの眼は科学忍具で改造されていて復元が困難なうえ、木ノ葉の里と同盟を組んでいます。

いくらコードは殻の最強の男とは言えども、単身で木ノ葉の里に乗り込むのは分が悪いため、カワキが欲しいエイダと手を組むことに。

エイダは心を奪う能力のせいで普通の恋愛が出来なくなってしまったため、大筒木になりつつあるカワキとなら普通の恋愛ができるかもしれないという希望を抱いているのでした。

エイダには心を奪う能力を以ってしても奪えない心が2つあり、それは血を分けた肉親大筒木
スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画14巻の感想

ついに大筒木イッシキとの戦いにも終止符を打ちましたが、そのあまりにも大きい代償には驚きました。

ナルトの九喇嘛、サスケの輪廻眼を失ったのは木ノ葉の里にとって、この上ない痛手となったのは間違いないでしょう。

しかし、愛を知らずに育ったカワキがナルトのことを父のように、ボルトを兄弟のように慕っていたことが明らかとなった瞬間はとても感動的で思わず涙腺が緩みました。

また、ボルトとカワキの中にある大筒木のバックアップファイルが8割も解凍されていたことも驚きで、今後この2人がどうなってしまうのか非常に気になるところ。

おまけに、これまで謎に包まれていた殻の内陣(インナー)のコードが登場し、彼が新たな大筒木となるとは思いもよりませんでした。

ナルトとサスケに頼ってばかりではいられなくなった今、ボルトとカワキの更なる進化が期待される【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-】から、ますます目が離せません。

アニメでも器編がスタートしてカワキが登場しているので、こちらもご注目ください!

タイトルとURLをコピーしました