【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画13巻ネタバレ。イッシキ VS ナルト・サスケ・ボルト!

「BORUTO―ボルト― 13 ―NARUTO NEXT GENERATIONS―」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画13巻ネタバレ。果心居士とイッシキが熱戦を繰り広げる頃、木ノ葉の里では情報を提供することを条件にアマドの亡命の手続きが進められていました。ついにアマドの口からこれまで謎に包まれていた”殻”についての真実が語られる……!

©岸本斉史 | 池本幹雄 | 小太刀右京 | 集英社 | 週刊少年ジャンプ
公式サイト ➤

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年1月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連商品
スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画13巻あらすじ

情報提供と行動の制限を条件に木ノ葉の里への亡命を許されたアマドは、ナルトとサスケにイッシキを倒すように頼みます。

現在のイッシキは、果心居士との戦いにてジゲンの楔(カーマ)を使って転生しており、他の器にある楔が全て消えたため残り数日の命しかありません。

イッシキを倒すならば今しかないと言うアマドに対してナルトは、それなら今すぐイッシキと戦う果心居士に加勢することを提案しました。

しかし、イッシキの目当てが新たな器となるカワキである以上、もし今ナルトたちが木ノ葉の里を離れればイッシキにとっては却って好都合となってしまいます。

それならばカワキを安全な場所に避難させ、ナルトとサスケでイッシキを返り討ちにした方がいいとのアマドからの助言を受けて、民間人とカワキの避難を開始することにしました。

イッシキと戦っていた果心居士は、ジゲンの時とは桁違いな力に苦戦を強いられていました。

果心居士のどんな攻撃も交わされるどころか、ついにはイッシキの秘術・大黒天によって石柱が降り注いできます。

秘術・大黒天とは、秘術・少名毘古那(スクナヒコナ)で縮小したものを”時の止まったどこかの異空間”に保管しておけるうえ、いつでも自由に取り出せるというもの。
身動きの取れなくなった果心居士は最後の力を振り絞り、蝦蟇の口寄せによってその場から姿を消しました。
スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画13巻ネタバレ

師匠と弟子の覚悟

イッシキの襲来を控えた木ノ葉の里では民間人とカワキの避難を始めていましたが、共に避難するよう指示されたボルトは言うことを聞きません。

前回のジゲンとの戦いでナルトが負けたこともあり、自分も共にイッシキと戦うべきだと主張したのです。

そんな矢先、イッシキがカワキを求め木ノ葉の里へと辿り着きました。

イッシキが襲来を始めたとの連絡を受けたナルトは、再度ボルトに避難するよう強く言いつけて現場に向かいますが、ボルトは納得できません。

その様子を見たサスケはボルトと話をしました。

ボルトは自分の中にあるモモシキの力を上手く使えればイッシキにも勝てるのではないかと考えていました。

しかしそれは同時にモモシキの解凍が進んでいるため、ボルトがボルトでなくなりつつあることを意味していたのです。

ボルトにも忍として里のために命を懸ける覚悟はあるものの、この力を使いモモシキに体を乗っ取られて里に危害を加える方が怖いと心の内を明かします。

ボルトの思いを受けたサスケは、ボルトの師匠として自らの覚悟を打ち明けました。

もしボルトの意識がモモシキに乗っ取られたとしても全力で止めること、そしてそれは例えボルトを殺すことになっても変わらないことを。

互いの覚悟を確認したボルトは、モモシキの元に連れ去られたナルトを助けに行った時に借りたサスケの額当てを貸して欲しいと頼みます。

サスケはボルトに「生きて必ず返しに来い」と、額当てを手渡しました。

イッシキVSナルト・サスケ・ボルト

ナルトは、自らイッシキを迎え撃ったものの、民間人の避難もままならない中での戦闘は気を使う上に全力が出せず困難を極めていました。

そんななかサスケが現れ、ナルトに飛び道具での援護を頼みイッシキの元へ飛び込んでいきます。

イッシキまでの距離を詰めたところで、サスケは自らの刀を投げつけました。

しかし、それではイッシキの秘術・少名毘古那(スクナヒコナ)で縮小されてしまうだけだと思われたその時、イッシキの目の前に刀に変化したボルトが現れます。

そして、ボルトは楔(カーマ)を使ってイッシキと共に異空間へと姿を消しました。

ナルト最後の切り札・新形態へ

残されたナルトとサスケは、サスケの輪廻眼を使ってボルトの後を追います。

ボルトの楔(カーマ)によって異空間へと移動したことで、ナルトたちは周囲を気にすることなく戦えるようになったものの、異次元の強さを持つイッシキにまともな攻撃すら与えられません。

そこでボルトは、イッシキに自分は殺せないと考え身を挺してサスケを守ろうとしました。

しかし、イッシキは「殺せないのは事実だが傷つけることにためらいはない」と、ボルトの身体中の骨をへし折ったのです。

さらにイッシキは、ボルトが十尾に喰われる運命であることをボルトに告げたのでした。

その後も、九喇嘛モードのナルトの攻撃も吸収され、サスケとの連携技も一切決まらないどころか、イッシキの攻撃を受けたサスケとボルトは満身創痍の窮地に陥ります。

頼みの綱となったナルトも探知能力を封じられ、有効打も見つからずに攻めあぐねていました。

そんな時、九喇嘛(クラマ)がナルトに命と引き換えに正真正銘究極の奥の手があることを打ち明けたのです。

スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】次巻(14巻)のネタバレ

次巻(14巻)の発売日は?

現在発売されているVジャンプに連載されているのは第53話。

【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-】の単行本は、いつも4話ずつなので恐らく次巻は52話~55話までかと思われます。

そしてその次巻(14巻)の発売日は、2021年4月30日です。

最新話(53話)までのネタバレ

九喇嘛(クラマ)がナルトに打ち明けた究極の奥の手とは、”重粒子(バリオン)モード”と呼ばれるもの。

九喇嘛曰く、このエネルギーは九喇嘛とナルトのチャクラを原料として消費しながら作られるものであり、その姿は命が尽きるまで続くとのこと。

これまでとは打って変わった様子のナルトはイッシキのあらゆる攻撃を防ぎ、ついに致命傷を負わせました。

ナルトと九喇嘛は、重粒子モードのデメリットである”命を削る”ことを逆に利用したのです。

チャクラとは人と人を繋げているモノ、そしてナルトたちが使う力は命を削る力であるため、この力で触れることで相手の命も削ることができる。

ナルトと九喇嘛は急激にチャクラを消費したものの、それと同時にイッシキの寿命も急激に減らしていたため、ついにイッシキの寿命は残り10分。

さすがに焦りが見え始めたイッシキはナルトのチャクラを辿って無理矢理カワキを呼び出し、再び楔(カーマ)を刻みました。

カワキに再び楔を刻むことに成功したイッシキが安堵の表情を浮かべたのも束の間、イッシキの体がボロボロと崩れ始めます。

実はイッシキの前に現れたのはカワキではなく影分身のカワキだったため、カワキは楔を刻まれることなく無事でした。

これによりイッシキも消え、危機を乗り越えたと思われました。

しかしその瞬間、ボルトが突然サスケに襲いかかりサスケの左目にクナイを突き刺したのです。

スポンサーリンク

【BORUTO-ボルト–NARUTO NEXT GENERATIONS-】漫画13巻の感想

ついにナルトたちとイッシキの対戦が始まり、怒涛の展開となった13巻。

これまで謎に包まれていた”殻”のことが明らかとなり、特にイッシキの目的が【NARUTO】(2002)時代のカグヤ同様にチャクラの実であることが判明。

相変わらずの身勝手な大筒木一族には、いつの時代になっても変わらないのだと少し残念にも感じましたが、何よりもサスケとボルトの師弟としてのそれぞれの覚悟には目頭が熱くなりました。

さらに、ここにきてまさかナルトの新形態が見れるとは思いもよらず、まさかの展開にとても驚きました。

ますます面白くなってきた【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-】。

アニメでも器編の放送がスタートし、カワキが登場するのでこちらもご注目ください!

タイトルとURLをコピーしました