【本好きの下剋上】~司書になるためには手段を選んでいられません~あらすじ

出典:www.amazon.co.jp

【本好きの下剋上】あらすじ、アニメ2期情報。

異常なまでの本好きの女性が念願の図書司書に就職がきまった矢先、本に潰されて死んでしまいます。

そして異世界へ転生。

転生先は5歳で病弱な平民の女の子。

そこでは平民はおろか貴族ですら貴重品である本をあまり所有しておらず、もちろん平民の主人公のまわりには本という物すら知らない人たちばかり。

紙は羊皮紙しかなく高級なため文字を読むことすら平民の身ではとても難しい世界です。

しかし本がないと生きられない主人公が何とか本を読むために周りの人たちを巻き込み、奮闘していく物語です。

スポンサーリンク

【本好きの下剋上】作品情報

▽アニメ放送/配信

WOWOW(4月8日より毎週水曜日24:30~)、AT-X(4月7日より毎週火曜日23:30~)

ABCテレビ(4月4日より毎週土曜日26:10~)、TOKYO MX(4月8日より毎週水曜日22:00~)

BSフジ(4月9日より毎週木曜日24:00~)

▽スタッフ

原作者:香月美夜 / イラスト:椎名優

掲載サイト:小説家になろう

製作:本好きの下剋上製作委員会

▽スタッフ

原作者:香月美夜 / イラスト:椎名優

掲載サイト:小説家になろう

製作:本好きの下剋上製作委員会

 アニメ公式サイト

▽キャラ/声優

マイン:井口裕香

フェルディナンド:速水 奨

ルッツ:田村睦心

ベンノ:子安武人

トゥーリ:中島 愛

ギュンター:小山剛志

エーファ:折笠富美子

オットー:日野 聡 他

スポンサーリンク

【本好きの下剋上】あらすじ

まずは書ける物作り

「本がないなら自分で作るしかないでしょう」と、まずは物凄い勢いで文字を覚え、とにかく書ける物を作り始めます。

本好きの骨頂である知識を総動員して古代文明を用いり、パピルス、粘土板、木管、竹管、次々と試行錯誤するものの一向に本作りは進みません。

しかし、やっと紙になりそうな木を見つけ幼馴染の力を借り、苦労の末とうとう日本古来の方法で紙を作ってしまいます。

生活必需品作成

他にも生活用品や料理等を発明します。

簡易チャンリンシャン、かんざしや髪飾りにスイーツと、その主人公が発表するものは全て異世界では珍しすぎて大騒ぎ。

色々な大商人から契約したいと言い寄られる程。

その中で、最も強い見方になってくれる大商人との出会いで、どんどん貴族の間で大人気になり、5歳の少女にも関わらず大金を稼げるようになっていきます。

つまり紙作りの資金を自分で用意できるようになるのです。

司書への道

忘れていけないのが司書への道です。

神殿にはたくさんの本があることが分かり、神殿で働く司書になれば本が読めると、最も本に近づけるチャンスがやってきます。

何とか司書になるため、色々な策を考えて行動する主人公も、やっと司教に会えることになります。

司書への道が開かれたと思きや、主人公が平民だと分かるやいなや手のひらを返し、神殿で働く司書は貴族がなるもので平民などなれないと突然の門前払いされたのです。

スポンサーリンク

身食いについて

ここで主人公の病気「身食い」という、魔力がありすぎて身体が耐えられず次第に死に至る病気だということが発覚します。

実は、神殿では大変な魔力不足で困っており、その魔力がとても重要視されていたのです。

またまた手のひら返しで、神殿側は主人公に劣悪な条件のもと神殿で働くよう命令しようとします。

しかし、今度は主人公が今まで培ってきた商人との交渉術、そして本来の持ち前の知識を使い自分にとっての好条件を神殿側へ突き付け念願の神殿の司書になるのです。

スポンサーリンク

【本好きの下克上】の見どころと感想

これまで見てきた異世界転生ものとは異なり、ゴブリンやスライム、戦いも一切ありません。

かなりの異色だと思います。

主人公・本須麗乃は死んでしまい、次に目が覚めた場所は異世界で、熱にうかされた5歳の少女マインに転生したベットの上でした。

初めは言葉もわからず、もの凄く動揺するところですが、マインは冷静にまわりの状況を把握して家族と対応していきます。

その順応の早さに驚き、冷静沈着な性格かと思いきや、すぐさま本を探すものの一切本がないと分かり大泣きしてしまうという感情豊かな一面も見せてくれ、マインという少女に惹かれていきました。

次から次に色々なことをやってくれるので、展開がとにかく早く飽きない。

そして、彼女のいいところは、持病のために何度も倒れてしまうのに決してめげないところ。

マインは、家族や幼馴染そして大商人ベンノや様々な人との出会いにより、自分のやりたいことをどんどん形にしていきます。

その中で芽生える家族愛に、ほっこりしたりと色々な感情が湧いてきました。

ここまで知恵と根性と本への愛で、頑張ってやっとの思いで司書となり、ここからやっと本を読める生活に入りますがそれは次のシーズンです。

これからのマインの行動に目が離せません。

記事内画像:公式サイト アニメ公式サイト

タイトルとURLをコピーしました